学部案内

教育理念・目標

教育理念・目標

講義風景科学技術の急速な発展やグローバル化の進展の中で、「人間とは何か」という問いが、以前にも増して重要になっています。私たちの学部は、この根源的な問いに、人文学の様々な分野から総合的にアプローチすることを特色としています。人間が長い歴史を通じて築き上げてきた豊かな知的遺産に学び、それを現代に生かすという課題に取り組みます。また、従来の学問の枠組みにとらわれず、人文学内外の多様な領域との協力・連携を積極的に推し進め、新しい人間像の構築に努めます。

文学部の教育においては、古典や外国語文献の読解、資料の調査と分析、フィールドワークなどを通じて、専門的知識を修得するとともに、柔軟で幅広いものの見方を身につけることを重視します。そのような教育を通じて、次のような人材の育成をめざします。

  1. 過去から現在にいたる人間の営みに強い関心を持ち、日本や世界の社会・文化について幅広い教養と国際的な視野を持った人
  2. 人間知にかかわる知見と素養を備え、人文学における高度な研究に携わる基礎的能力や意欲を持った人
  3. 課題を探究する意欲と能力を持ち、理論的な思考とそれを的確に表現する力量を備え、様々な分野で活躍できる人

ディプロマポリシー

岡山大学では、卒業にあたって学業を基本的に習得し、知の継承者となる保証をするための目標を定めています。
文学部のディプロマポリシーは、下記のPDFデータをダウンロードして下さい。
文学部ディプロマポリシー

期待される入学者像

講義風景文学部の入学者選抜は、上述のような教育の理念・目標を達成できるような基礎的な知識を備え、課題を解決していく意欲と能力をもち、論理的な思考とそれを的確に表現する力量を備えていることを判定の主眼としています。また、入学後の履修にあたって、次のような項目のいずれかに優れた人を求めています。

  • 哲学・倫理・芸術に関心をもち、幅広く本や芸術作品に親しんでいる人
  • 心や行動、社会や文化、それらと自然環境との関係や地域性に関心をもち、自ら情報を収集して、データに基づいた議論に取り組める人
  • 日本と世界の歴史や異文化に関心があり、斬新な発想と理論的な思考で過去と現在のつながりを学ぼうとする意欲のある人
  • 言葉そのものに仕組みや歴史、言語の多様性と普遍性、地域・社会・文化と言葉の関係などに関心や問題意識があり、それらについて科学的に研究する方法を学びたいと思っている人
  • 言葉と文化に対する感性を養いつつ、人間および世界について問うことで、現代社会と積極的にかかわろうとする意欲をもつ人