News & Topics

岡山大学文学部講演会 哲学研究の最先端 第5回「行為と技能の現象学」(共催 瀬戸内哲学研究会)

岡山大学文学部講演会 哲学研究の最先端 第5回(共催 瀬戸内哲学研究会)「行為と技能の現象学」

Daniel Hutto (University of Wollongong)
“Mind in Skilled Performance: Competence without Content or Comprehension”

Shaun Gallagher (University of Memphis)
“Anchoring Know-How: Action, Affordance and Anticipation”

日時 2018年11月15日(木) 14時40分–17時50分

会場 岡山大学津島キャンパス文法経一号2階文学部会議室

問い合わせ先 岡山大学文学部 植村玄輝(uemurag@okayama-u.ac.jp)

* 本講演会に先立って、宮園健吾氏(広島大学)による講演”Intermediate Agency”も開催されます (同じ会場にて13時より)。

本講演会は以下の科研費プロジェクトの助成を受けています。

  • 日本学術振興会・科研費(基盤B)「行為者性の概念を拡張する:認知、行動、行為に関する国際的研究拠点の構築」(研究課題番号:18H00605、研究代表者:宮園健吾)
  • 日本学術振興会・科研費(若手)「現代現象学の方法的基礎に関する歴史的・体系的研究」(研究課題番号:18K12186、研究代表者:植村玄輝)

こちらからチラシを入手できます。