カリキュラム

人文学インタラクティブ講義

講義の新形式スタート!

平成28年度、岡山大学は60分授業4学期制をスタートさせました。それにあわせて、文学部で講義の「新形式」が誕生します。その名も「人文学インタラクティブ講義」。これにより、座学中心だった講義にアクティブ・ラーニングの要素が加わり、1つ1つの専門についてぐっと深く学ぶことができます。ここでは、そのコンセプトを説明していきます。

講義は退屈?

学生のみなさん、日頃から文学部(に限りませんが)の講義を受けていて、どのようなことを感じていますか?「いつも興味深く聞いています」、「昼休みの後で少し眠いな」、「単位不足のためやむなく」・・・いろいろな人がいろいろな思いをもっていますよね。しかし、教員の話は面白いけれど、ずっと座ったままノートを取るだけだとちょっと退屈だなと感じることはありませんか?もう少しここのトピックについて考えたり、他の人の意見を聞きながら、深く学んでみたいなと。そんなあなたにこそ、「人文学インタラクティブ講義」が一緒になった講義を受講することをおすすめします。

授業科目の構成

インタラクティブ講義概要

この図をご覧ください。通常の講義は、「レクチャー①」と「レクチャー②」に相当します。岡山大学では60分授業になり、多くの講義が60分×2コマで行われているのではないかと思います。「人文学インタラクティブ講義」では、この通常の講義で学んだことについて、プラス60分(あるいは120分)で学びをより一層深めていきます。具体的には以下のような特徴があります。

4つの特徴

①徹底した少人数教育

少人数教育は岡山大学文学部の特徴の一つ。この「人文学インタラクティブ講義」では、講義の履修者を10〜20人のグループに分割して、きめ細やかに対応します。

②各専門に適したアクティブ・ラーニングの形

講義で扱った内容や、事前に教員が指定する課題文献を題材にして、ディスカッションや問題演習を行います。何をどのようにやるかについては、専門を知り抜いた教員が一番適したやり方を考えて採用します。

③TA・SAによるファシリテーション

グループの司会をするのは大学院生のTA(ティーチング・アシスタント)および学部上級生のSA(スチューデント・アシスタント)です。みなさんより少しだけ早く専門を学び始めた学生が、みなさんに考えるヒントを提供し、みなさんと一緒に議論します。講義を聴いていて分からなかったことも、気軽に質問・相談できるでしょう。

④講義への還元

教員とTA・SAは事前・事後に打ち合わせをして、「チーム」として情報共有しています。各グループで出た面白い意見などは、母体である講義の方でどんどん還元していきます。

平成29年度開講予定科目

IMG_1472こうして、講義+αの新形式で、みなさんは専門をより深く学ぶことができます。しかも教員や、先輩にあたる大学院生・学部上級生との距離がとても近いので、文学部がもっと身近に感じられるようになるでしょう。毎学期開講していく予定なので、皆さんの積極的な参加をお待ちしています。平成29年度の開講予定科目は以下の通りです。

教員名 講義名・学期・時限 人文学インタラクティブ講義
吉田浩 文化交流史講義・1,2学期・木曜3,4限 1,2学期・月曜7,8限
田中秀和 英語学講義・1,2学期・木曜3,4限 1,2学期・月曜7,8限
岡本源太 美学概説1・2学期・月曜7,8限&水曜3,4限 2学期・月曜1,2限
大貫俊夫 西洋史概説1・ 3,4学期・木曜1,2限 3,4学期・月曜7,8限
松村圭一郎 文化人類学講義・3,4学期・木曜3,4限 3,4学期・金曜1,2限
植村玄輝 哲学概説1・3,4学期・木曜5,6限 3,4学期・金曜1,2限

 

平成28年度開講科目

教員名 講義名・学期・時限 人文学インタラクティブ講義
田中秀和 英語学講義・1,2学期・木曜3,4限 1,2学期・月曜2限
松村圭一郎 文化人類学概説2・1,2学期・水曜3,4限 1,2学期・木曜2限
吉田浩 西洋史概説2・1,2学期・木曜1,2限 1,2学期・金曜3限
大貫俊夫 西洋史講義・3,4学期・木曜1,2限 3,4学期・月曜7限

(文学部教員 大貫俊夫)