カリキュラム

日本語・日本文学分野

■日本語学領域

 日本語学領域では、日本語が古代から現代へとどのように変化してきたのか、その経緯を文献資料や現代語・方言の分析を通して研究します。昔の日本語を知らなくても、今の日本語を話すのに不自由はしません。でも、なぜこんな言い方をするのか、その理由は長い歴史のなかでの言語の変遷にこそあるのです。日本文学・中国文学とも連携しながら、何気なく使っている日本語の奥行きを知ると、日本文化の豊饒な世界に通じるでしょう。

■日本文学領域

 古代から現代まで、日本は世界に類を見ない独自の文学を発展させてきています。日本文学領域では、和歌、物語、小説など、日本の文学作品に分け入り、それを支える文化・社会・思想にも目配りしながら、理解を深めます。人間はよりよく生きるために言語を通して世界を認識し、文学を生み出してきました。ふだん意識しなくても、文学はたしかに私たちの認識と生活の根幹を形成しているのです。