カリキュラム

外国語・外国文学分野

■中国言語文化学領域

 悠久の歴史と伝統を誇る中国。その4,000年にも及ぶ時の流れのなかで、多様で厖大な文化遺産が蓄積されてきました。そのなかでも言語・文学・思想・文化の研究を、中国言語文化学領域ではおこないます。中国語のしくみを理解するとともに、たとえば陶淵明や白楽天らの詩、『三国志演義』や『西遊記』等の小説、現代の小説・演劇・映画・漫画から、アジアにもヨーロッパにも多大な影響を与えてきた中国文化に分け入ります。

■英米言語文化学領域

 大学で英語を学び、英語圏文学を研究することは、たんに英語を話せる技能・知識を身につけるだけのものではありません。それは、英語のメカニズムを科学的に解明するための理論や方法を学ぶことであり、英米の小説・詩・演劇を成り立たせている構造や理論、文化的・社会的背景、映画やジャズなど他の芸術形式との類似と差異、を解明していくことです。もちろん、言語と文化への深い理解は、英語運用能力の向上にも資するでしょう。

■フランス言語文化学領域

 フランス文化には、人間に対する鋭敏な、ときに辛辣なほどの洞察と、それを言い表すことばの美しさへの特別な感覚が息づいています。フランス言語文化学領域では、ルネサンスから現代までの文学(詩・小説・演劇・エセー等)と、英語や日本語との対照から見える現代フランス語のしくみについて学び、さらに映画・BD(漫画)・オペラ・シャンソン・フレンチポップスなどを通して、フランス文化の世界に足を踏み入れます。

■ドイツ言語文化学領域

 ドイツ文化は、時間と空間の隔たりを超えて、人間・自然に対する深い愛情と洞察を、私たちに直接語りかけてくれます。ドイツ言語文化学領域では、ドイツ語のしくみを理解することはもちろん、ゲーテやシラーからハイネやビューヒナーを経てカフカやエンデにいたる文学、ニーチェやフロイトの思想、さらにドイツ語圏の音楽・絵画・映画を通じて、ドイツ文化の世界に踏み込んでいくことができます。