学部案内

歴史・沿革

歴史

岡山大学は、1949年に創立された際、旧制第六高等学校を主要な母体のひとつとしていましたが、この旧制六高の文科を継承して設置されたのが、文学部の前身となる法文学部です。
その後、1980年に法学部、経済学部とともに独立して、現在の文学部が生まれました。当初は哲学・史学・文学の3学科制でしたが、1995年の学部改組により、人間・行動科学・歴史文化・言語文化の4学科構成になりました。
さらに2004年4月からは、人文学科の1学科制となり、哲学芸術学専修コース・行動科学専修コース・歴史文化学専修コース・言語科学専修コース・言語文化学専修コースの5専修コースから構成される形ができあがりました。

沿革

1949年 岡山大学創立/法文学部を設置
1980年 法文学部から文学部、法学部、経済学部を分離改組
1993年 大学院文化科学研究科を設置
1995年 文学部改組
3学科構成から4学科構成に改組
2004年 文学部改組
人文学科1学科に改組
2006年 大学院を社会文化科学研究科に改組・名称変更

図書館と銅像